「楽天RMS」と「助ネコ受注管理」の作業分担

楽天RMSでの作業
助ネコ受注管理での作業
補足説明
  • 今まで「楽天RMS」で行っていた作業の大部分は「助ネコ受注管理」内で行うようになります。
  • これから「楽天RMS」でのステータス移動は「新規受付」と「発送待ち」と最後の「処理済み」ステータスだけとなります。
  • 楽天でのポイント承認作業やクレジット決済のオーソリーや売上請求処理は、今まで通り、楽天RMS内で行う必要があります。
助ネコ受注管理で作業するメリット
  • 楽天とYahoo!と自社サイトの受注管理が一元管理できる。(作業時間の短縮、注文履歴を検索が容易)
  • お知らせメールなどは、すべて一括送信できる。(作業時間の短縮、テンプレートの管理が容易)
  • ヤマト運輸B2と佐川急便e飛伝と連携しているので、送り状発行が簡単になる。(作業時間の短縮、自動変換で入力ミスなどがなくなる)
  • ヤマト運輸B2と佐川急便e飛伝と連携しているので、発送連絡メールに伝票番号を取込が自動になる。(作業時間の短縮、自動変換で入力ミスなどがなくなる)
  • 指定日による発送待ちステータスで、発送作業のスケジュールが立てやすくなる。(本日処理分と後日処理分が明確になる。)
  • フォローメール機能で、フォローメールを送信するタイミングが自動で判別、ボタンひとつで送信。
  • お客様サポート窓口機能で、お客様とのメールのやりとりが集約され、すべて助ネコ受注管理で確認できる。(メーラーでお客様からのメールを探す手間が必要なくなります。)