助ネコ®通販管理システム

IT導入補助金

本サービスの受付は終了致しました。

「助ネコ」は、経済産業省委託事業
サービス等生産性向上IT導入支援事業
対象サービスに認定されました!

サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。
この制度を活用して、補助対象期間に、助ネコを導入した事業者様は、1事業者につき導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助されます。
補助金を受ける場合は、規定・条件があります。詳細につきましては、本支援事業の公式ページ(外部リンク)をご確認ください。

IT導入補助金公式ページはこちら(外部リンク)

サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター
0570-013-330(平日9:30~17:30)

弊社での交付申請受付期間

2017年6月6日(火) ~ 6月23日(金)18:00(必着)

上記期間中に事業者様側で必要書類をご用意いただき、アクアリーフより事務局に代理申請を致します。

IT補助金の対象となる「助ネコ」の導入費用

  • 初期費用
  • 月額利用料金(初年度12ヶ月分)

※初年度利用料は1年分を一括で、弊社にお支払いいただきます。(その後に、事業者様に補助金が交付されます)

※2年目以降のお支払いについては、月々のお支払い(口座振替)となります。

IT補助金の対象ご契約プラン

本支援事業の趣旨により、下記セットプランのみが補助金の対象プランとなり、単体システムのみのご契約では、補助金の認定対象にはなりません。(価格は税抜になります)

※2年目以降の受注管理分の利用料金は、実際の受注件数に応じて、毎月計算されます。詳しくは、「助ネコ受注管理料金ページ」をご確認ください。

助ネコ通販管理システム(受注管理Basic+在庫管理+商品登録))

プラン名
(月間受注件数)
本来の年額利用料
(初期費用含)
補助金額 実質支払額 2年目以降の
月額利用料
(目安※)
B-1プラン
(1000件まで)
876,000円 584,000円 292,000円 65,500円
B-2プラン
(5000件まで)
990,000円 660,000円 330,000円 75,000円

Lite(受注管理Lite+在庫管理+商品登録)

月間受注件数 本来の年額利用料
(初期費用含)
補助金額 実質支払額 2年目以降の
月額利用料
(目安※)
L-1プラン
(500件まで)
610,000円 406,667円 203,333円 45,000円
L-2プラン
(2000件まで)
730,000円 486,667円 243,333円 55,000円

GZ(受注Basic+在庫)

月間受注件数 本来の年額利用料
(初期費用含)
補助金額 実質支払額 2年目以降の
月額利用料
(目安※)
GZ-1プラン
(1000件まで)
486,000円 324,000円 162,000円 35,500円
GZ-2プラン
(5000件まで)
600,000円 400,000円 200,000円 45,000円

GS(受注Basic+商品登録)

月間受注件数 本来の年額利用料
(初期費用含)
補助金額 実質支払額 2年目以降の
月額利用料
(目安※)
GS-1プラン
(1000件まで)
786,000円 524,000円 262,000円 60,500円
GS-2プラン
(5000件まで)
900,000円 600,000円 300,000円 70,000円

ZS(在庫管理+商品登録)

月間受注件数 本来の年額利用料
(初期費用含)
補助金額 実質支払額 2年目以降の
月額利用料
(目安※)
ZSプラン 480,000円 320,000円 160,000円 35,000円

補助金を受ける条件・基準は?

  • 国内の中小企業者様のみです。
  • IT導入補助金対象サービスとして認定された助ネコのプランに限ります。
    (単体サービスのみのご契約は、対象外です)
  • 補助金の申請は、弊社(IT導入支援事業者)が、店舗様(補助事業者)の代わりに、オンラインから事務局に代理申請する仕組みです。
    (店舗様が、直接事務局に申請することはできません。必要書類をご用意の上、6月23日(必着)までに弊社にお送りください)
    ※申請時の必要書類は、【IT導入補助金公式ページ(外部リンク)】の「申請書類ダウンロード」からご確認ください。
  • 導入には、店舗様ご自身が事業計画を作成し、弊社にご提出いただく必要があります。
    詳しくは、本ページ下部の「よくある質問」をご確認ください。
  • 1年分の利用料と初期費用を一括でお支払いいただきます(支払い時期:9月10日)
  • ご契約後、5年間ご利用をご継続いただくことが条件となります。
  • 1年以内に解約した場合、補助金を返還しなくてはいけません。
  • 導入後、5年間(2021年まで)毎年3月末に、導入効果についての、定期報告書をご提出いただきます。
    (弊社から事務局に、代行報告いたします)
  • 審査時に加点される、おもてなし規格認証を取得することをお勧めいたします。
    【おもてなし規格認証ホームページ(外部リンク)】

申請から交付までの流れ

①補助金希望の申込み
補助金利用希望の旨と、ご利用希望の助ネコプラン名を明記し、お問い合わせより申込みを行ってください。

②助ネコの検討(~6/21ごろまでに)
弊社コンサルタントより、助ネコシステム(デモ)をお見せしながらコンサルティングを行います。
(店舗様の現状の運用を伺いながら、助ネコで何の業務がどのくらい効率化できるかコンサルいたします)
「助ネコが、いいかも?」と思ったら、申請書類の準備に入ります。
(この段階では、助ネコを本契約するかどうかのご判断までは必要ありません)

③事業計画書作成と申請(~6/23弊社必着)
店舗様で、事業計画書を作成します。弊社コンサルタント、専門家等(よくある質問を参照)の支援を受けられます。
書類が完成しましたら、助ネコが代理で申請を行います。

④助ネコアカウントを取得(順次)
弊社から助ネコの本番システムのアカウントを発行し、サポートスタッフから、初期サポートをさせていただきます。
実際に、助ネコシステムを触ってみながら、本契約するかの検討をしてくださいませ。
(「助ネコの使いやすさ、覚えやすさをご体感ください!)
お試し期間は、7月末までです。
(申込み多数にて、アカウントが発行が7月1日以降となった場合は、8月末までお試し期間とします)

⑤交付通知(7月下旬)
事務局から店舗様へ、交付決定通知が届きます。 助ネコへご連絡ください。

⑥ご契約(~8/10)
ご希望いただいていた助ネコシステムの契約手続きを行います。(お支払い期限:9/10)
事業完了報告書類(振込明細書が必須)をご用意いただき、助ネコに代理申請依頼を行ってください。(~9/15)

⑦補助金の交付
店舗様のもとに補助金確定通知が届きますので、補助金をお受け取り下さい。

⑧事業導入効果の報告
導入後、5年間(毎年3月上旬…2021年まで)、導入効果についての、定期報告書をご提出いただきます。(報告内容:売上、原価、従業員数及び就業時間等)
助ネコが、事務局に代理申請をいたします。

IT補助金 よくある質問

  • 対象のシステムはどのシステムですか?

    対象となるシステムは、『助ネコ通販管理システム(受注管理Basic・在庫管理・商品登録)』『Lite(受注管理Lite・在庫管理・商品登録)』『GZ(受注管理Basic・在庫管理)』『GS(受注管理Basic・商品登録)』『ZS(在庫管理・商品登録)』のセットとなります。
    本補助金事業は、複数機能をパッケージ化したサービスの導入支援が目的の為、個別システムでのご契約は、対象外になります。ご了承ください。

  • 交付決定を受けたら、必ず契約する必要はありますか?

    交付決定後であっても、契約するかどうかは、ご選択いただけます。
    お試し期間満了(7月末(お申込み多数につき、アカウント発行が7月以降になった際は8月末))までにご判断ください。お試し期間中は、無料で助ネコをご利用いただけます。

  • 利用料金は月額支払いですか?

    利用料金は1年分を前払いとなります。
    2年目以降も継続してご利用頂く場合には、月額支払いとなります。

  • どこから申し込めばいいですか?

    お問い合わせフォームよりお申し込みを行ってください。

  • 申し込みはだれが行ってもいいのですか?

    残念ながら、助ネコへの代理お申し込みはご遠慮しております。
    恐れ入りますが、店舗運営者様から直接お申込みを頂けますようお願い致します。

  • 補助金は、いつ支給されますか?

    弊社とご契約し、お支払い後、事務局に完了報告をし、その後に補助金が支給されます。
    補助金交付までは、あくまで目安としてですが、完了報告から2ヶ月前後はかかる模様です(本事業第一回目の実績より))

  • 専門家に事業計画を作る支援をしてもらいたいのですが、何処に相談したらよいですか?

    事業計画の作り方は、店舗様の顧問税理士さんにご相談されるのが、一番早いと思われます。
    また、商工会議所の経営相談等を活用する方法もあります。

    本事業に詳しい専門家としては、以下を参考にしてください。(手続等に多少お時間を要するようです。)
    各専門家に係る参考 URL

    (よろず支援拠点、地域プラットフォームの情報は、ミラサポのホームページ内にあります。)

  • 申請した順に、審査されるのですか?

    いいえ。補助金申請の締め切り日(6/30)までは審査に入りません。
    7月1日以降、提出された全ての申請書が、一斉に審査されます。
    あせらず、書類の不備がないよう、よくご確認のうえ、ご準備ください。
    そして、弊社締切日の6月23日(必着)までに、弊社宛に提出ください。
    弊社で、記入漏れ等のチェックをした後、事務局へ6月30日までに、代理申請いたします。

  • 事業計画の作成とは、どのようなものですか?

    事業計画は、あらかじめ事務局で用意したエクセルのフォーマットに埋め込んで作成できます。
    事業計画に書く主な内容は、現在と今後5年間の売上、原価、粗利、従業員数、労働時間、労働生産性等です。
    (粗利や労働生産性は、他を入力すると自動的に算出されるようになっています)

    また、店舗様独自の指標を1つ指定するようになっています。
    事業計画を作成するうえで、目標とする伸び率の最低ラインは、労働生産性、独自指標共に、3年後1%以上、4年後1.5%以上、5年後2%以上であることが、審査上の認定基準となっています。

    事業計画の書式は、以下から求められます。
    【IT導入補助金公式ページ(外部リンク)】 > 「4.交付決定」内の「申請書類ダウンロード」
    「交付申請様式(別紙1~4)」エクセルファイルの以下シートへご記入いただきます。

    • 「別紙1 補助事業者登録」
    • 「別紙2-1  (20万-50万未満) 事業計画」もしくは「別紙2-2  (50万-80万未満) 事業計画」 ※ご利用プランにより異なります
    • 「別紙4 補助事業申請に伴う宣誓事項」

    ※事業計画の記入例は、【IT導入補助金公式ページ】に掲載の「交付申請の手引き」(外部PDF)に掲載されています。

  • 事業計画の中で指定する「独自指標」とは、どのようなものですか?

    店舗様にとって、効率化の効果を見極めることができる、独自の指標を1つ決めるものです。
    例えば、「一人当たりの受注処理件数」「一人当たりの商品登録件数」「10件当たりの在庫調整時間」等。
    クレームや、ミスの件数といった視点でもよいそうです。
    ただし、5年間、毎年3月に報告義務がありますので、「カウントしやすく&算出しやすい」指標を選ばれると、よろしいかと存じます。
    また、その効果が、3年後1%以上、4年後1.5%以上、5年後2%以上の改善が見込まれるものであることが、審査上の認定基準です。

    実際に助ネコをご導入いただいた店舗様からは、以下のような効果をうかがっています。

    【受注管理】
    例1)
    ご導入前:100件の送り状を手書き・各モールの管理画面で内容確認やメール送信
    ご導入後:送り状をボタンひとつで発行、全モールを一元管理が出来、受注処理にかかる時間が3分の1に
    例2)
    ご導入後:業務効率が上がり、ミスが5分の1に減少
    例3)
    ご導入後:月間の注文件数が5倍になっても、スタッフ増員せずそのまま対応可能

    【在庫管理】
    ご導入前:営業時間中だけでなく、土日祝日も各モールの在庫数を調整する必要
    ご導入後:各モールの在庫数を自動連動させることが出来るため、上記の作業工数が不要に

    【商品登録】
    ご導入前:3人で1日かかって7商品を8モールに出品
    ご導入後:7商品を8モールへの出品が、2人で3時間で完了するように

お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。
導入前の、無料コンサルティング

ご導入にあたり、無料コンサルティングをさせていただきます。
運用上のご相談や将来のバージョンアップ等、まずはお気軽にお電話ください。

導入に関するご質問
お問い合わせは

Freedial

0800-800-6344

現在ご利用中の方
操作方法に関するサポートは

0800-800-6377

受付時間 :平日 10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お気軽に
ご相談してくださいね。

お試しアカウント